ボードゲーム未経験・初心者にオススメのボードゲームの紹介・レビューのブログです

ボドゲ会を開こう!

ボドゲ会の開き方やボドゲ会に行ってみたい人向けの記事

【コヨーテ】カードではなく、顔色を見よう!【オススメ】

コヨーテ

タイトル    :コヨーテ
オンライン有無 :―
プレイヤー人数 :2~10人
価格      :2000円前後
対象      :家族、友人、初対面、未経験者、初心者、ボドゲ
ゲームの長さ  :10~30分
難易度     :
戦略      :
運       :
やり取り    :

概要

 インディアンとインディアンポーカーを題材にした本作
「配られたカードを額に当てる。全プレイヤー合計の点数を予想する」とやる事はシンプル。自分のカードは大きな点数かもしれない。いや、小さい数字かもしれない。しかし、それが分かるのは他プレイヤーのみ! カードではなく顔色を見る。プレイヤー同士のやり取りがブラフゲームの醍醐味であり、本作の魅力。

遊び方

 カードが1枚配られ、額に当てる。手番が回ってきたら全プレイヤーの合計点数を予想し、答える。他のプレイヤーが「宣言値>合計点数」と思ったら「コヨーテ」と宣言し、正しければ宣言したプレイヤーの勝ち、負けたプレイヤーはライフを1減らす(3回死ぬとゲームオーバー)以上を繰り返し最後まで生き残った者がゲームの勝者。

魅力1「顔色を見る楽しさ」

  カードを額に当てることもあり、顔色と数字を一緒に確認できる。目線が手札に落ちて顔を見ていないことがない本作では、顔色を見るのが一つの楽しみであり攻略の鍵となっている。

魅力2「理不尽な手札が面白さ」

 収録されているカード枚数には限りがある。配られる山札の中に低確率でそのカードを引いてしまうと、あっという間に「コヨーテ」を宣言され負かされてしまう。ときにはそうした理不尽さがゲームに緩急を与えている。

工夫「スキマ時間を効果的に」

 2~10人と対応人数の多さと簡単なルール、短いプレイ時間によってボドゲ会におけるスキマ時間を使って楽しむことも出来る。

レビュワーの視点

http://jellyjellycafe.com/wp-content/uploads/2015/01/coyote01.jpg

 シンプルそして奥深い。非常にバランスの良いブラフゲームだと思います。魅力にも書きましたがプレイ(自分のカードを見ない)が他のプレイ(顔色を見る)とリンクしているのは面白い! 皆でワイワイ出来るのも好印象。

 軽量級全てに言えますが、このゲームだけでボドゲ会を成立させるのは飽きがあるため困難です。中量級のゲームと合わせて持ち込みたい所。

Amazon「コヨーテ」